ご自宅でのシャンプー術

ご自宅でのシャンプー術

こんにちは。吉田です。

皆さんもサロンでシャンプーした後は心地よさだけではなく、髪が”いい感じ”になるのを感じませんか?

使用してるシャンプー剤の効果もありますが、洗い方とすすぎ方が大きなポイントなんです。

ご自宅でお使いのシャンプー剤でも、これからお伝えするシャンプー術をマスターすれば髪への負担を減らし、美髪へと近づきますよ。

 

①シャンプー前の濡らし(シャワー)

ポイントは全体にシャワーが行き渡ったと感じるぐらいしっかり濡らし、頭皮まで指を通しながら行うことです。(約1〜2分)

髪は十分に水分を含んでいない状態でシャンプーをすると、摩擦により髪に負担がかかる為です。

 

②水切り

「十分シャワーを行き渡らせたのに水切り?」

と思われるかもしれませんが、それは次に泡立てを行う為のお手伝いです。

ここでのポイントは、余分な水分を切り少量のシャンプー剤でキメ細かな泡を立ちやすくする事です。

また、キメ細かな泡は髪への負担を減らしますので1、2秒程度の水切りをサッとして頂く事をオススメします。

 

③泡立て

シャンプー剤を軽く手の平でのばしてから髪へつけましょう。

そのままいきなり頭皮に付けるのではなく中間~毛先で泡を立て、その泡を頭皮に持っていく様なイメージです。

この時、手で大きな円を描くように動かし、空気を含ませるイメージで行うと泡立てやすくなります。

②のシャワーの段階で髪にスタイリング剤が残り落ちていないと泡立ちにくい事がありますので、その場合シャワーで流して、再度泡立てを行なって下さい。

 

④洗い方

洗い方の再定義ですが、シャンプーは「髪」ではなく「頭皮」を洗うイメージで行います。

指は立てず指の腹で円を描きながら揉み込むように洗います。

ご自宅でのシャンプーは「洗う」より

「揉む」感覚で頭皮に触れる事をオススメします。

以前の記事でもお伝えしました通り、頭のてっぺん付近の頭頂部は筋肉がなく普段動きませんので指で

“動かしてあげる事”

が大切です。

薄毛や抜け毛予防にもつながりますし、血流を滞らせない為にも意識されてみて下さい。

 

⑤すすぎ方

上を向き、顔にかからない様にシャワーでしっかり泡を流します。すすぎの時もシャンプー時と同様に意識するのは『頭皮』です!

頭皮>髪

頭皮を重点的に指を通してしっかりすすぎます。

これはシャンプー剤が頭皮に残ると頭皮のトラブルに繋がってしまう為です。

“頭皮をしっかり流し切る事”

が大切になります。

また、お湯の温度は37度前後の頭皮に刺激が少ない温度が理想的です。

 

⑥タオルドライ

濡れている髪は特に傷みやすいため

バスルームを出る前に手でしっかり髪を絞り水分をとりましょう。

バスルームから出られたらなるべく

「擦る」

ではなく

「押さえつける」

そんな感覚でタオルで髪をこすらないように頭に巻いておさえるように水分をとって頂くのも良いですね!

 

以上、6つのポイントをあげましたが

1日ひとつずつでも意識して行ってみて下さい。

1週間後には、髪を綺麗に保つご自宅でのシャンプー術が身につくはずです。